(規約の適用)
第1条 当社は、Wi-Fi スクエア専用の無線LANルータによるWi2 Lightスクエア・アクセスポイントの運用にかかるWi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用規約(以下「規約」といいます。)を定め、これにより、Wi-Fiスクエア専用の無線LANルータの提供及びWi-Fi スクエア・アクセスポイントの運用を行います。

(規約の変更)
第2条 当社は、この規約を変更することがあります。この場合には、料金その他の提供条件は、変更後の規約によります。

(用語の定義)
第3条 この規約において、次の用語はそれぞれ次の意味で使用します。
1 Wi-Fi スクエア:当社が運営事務局である公衆無線LANサービスのコミュニティの名称
2 Wi-Fi スクエア専用無線LANルータ:Wi-Fi スクエアのサービス識別符号(ESSID)を使用し、Wi-Fiスクエアに登録する無線LANルータ
3 Wi2 Light スクエア・アクセスポイント運用契約:当社が提供するWi-Fi スクエア専用無線LANルータを使用し、Wi-Fi スクエア専用無線LANルータをWi-Fiスクエアのアクセスポイントとして運用する契約で、当社が提供する公衆無線LANサービスのWi2 Light for Wi-Fi スクエアプランの利用者識別符号(ID)が付与されるもの
4 契約者:当社とWi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約を締結している者
5 消費税相当額:消費税法(昭和63年法律第108号)及び同法に関する法令の規定に基づき課税される消費税の額並びに地方税法(昭和25年法律第226号)及び同法に関する法令の規定に基づき課税される地方消費税の額

(Wi2 Lightスクエア・アクセスポイントの運用契約等)
第4条 当社は、店舗等を営んでいる者等からのWi2 Light スクエア・アクセスポイント運用契約の申込みにより、Wi-Fi スクエア専用無線LANルータを提供するとともに、Wi-FiスクエアのアクセスポイントとしてWi-Fi スクエア専用無線LANルータの運用を行います。
2 Wi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約の種別、運用内容および最低契約期間は、料金表に定めます。

(Wi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約の単位)
第5条 当社は、1のWi-Fi スクエア専用無線LANルータごとに1のWi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約を締結します。この場合、契約者は1のWi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約につき一人に限ります。

(Wi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約の申込方法)
第6条 Wi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約の申込みをするときは、次に掲げる事項を記載した当社所定の申込書を当社に提出していただきます。
(1) 氏名(法人にあっては商号及び代表者の氏名)
(2) 住所
(3) Wi-Fi スクエアに無線LANルータを登録することの同意
(注)Wi-Fi スクエア コミュニティ規約及び同規約別紙の無線LANルータの登録に関する同意書等に同意のうえ、契約申込みをしていただきます。Wi-Fi スクエアへのアクセスの利用者認証並びに利用者対応はWi2 Light スクエア・アクセスポイント運用契約に基づき、当社が行います。
電源が入っていない等契約者側事由により相当の期間アクセスポイントを使用できない状態が続く場合は、コミュニティの登録から削除します。
(4)その他Wi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約の申込内容を特定するための事項

(Wi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約の承諾)
第7条 当社は、Wi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約の申込みがあったときは、Wi-Fi スクエアに無線LANルータを登録することを条件に、受け付けた順序に従って承諾します。この場合、当社が公衆無線LANサービス契約約款に基づき提供する「Wi2 Light for Wi-Fiスクエア」プランに契約したものとみなします。
注)Wi2 Light for Wi-FiスクエアプランのIDは、「Wi2」,「Wi2_club」,「wifi_square」およびキャンペーンで開放されたESSIDのところで利用できます。
2 当社は前項の規定にかかわらず、次の場合には、そのWi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約の申込みを承諾しないことがあります。
(1) 申込者がこの規約に基づく料金に関する費用の支払いを怠り、又は怠るおそれがあるとき。
(2) Wi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約の申込時に虚偽の事項を通知したことが判明したとき。
(3) その他Wi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約の申込みを承諾することが技術上又は当社の業務の遂行上著しい支障があるとき。

(Wi2 Lightスクエア・アクセスポイントの運用に係る料金)
第8条 契約者は、料金表において定める料金を支払っていただきます。

(遅延利息)
第9条 契約者は、料金その他の債務(延滞利息を除きます。)について支払期日を経過してもなお支払いがない場合には、支払期日の翌日から支払いの日の前日までの期間について、年14.5%の割合で計算して得た額を延滞利息として当社が別に定める方法により支払っていただきます。
ただし、支払期日の翌日から計算して10日以内に支払いがあった場合は、この限りでありません。

(Wi-Fi スクエア専用無線LANルータの引渡し等)
第10条 当社は、Wi-Fi スクエア専用無線LANルータを契約者に譲渡し、Wi-Fi スクエア専用無線LANルータの送付場所にWi-Fi スクエア専用無線LANルータを送付します。
2 Wi-Fi スクエア専用無線LANルータの契約者がこれを受領することによりWi-Fi スクエア専用無線LANルータの引渡しを行うものとします。

(Wi-Fi スクエア専用無線LANルータの保証)
第11条 Wi-Fi スクエア専用無線LANルータの保証は製造会社の保証によります。

(Wi-Fi スクエア専用無線LANルータの使用)
第12条 契約者は、Wi-Fi スクエア専用無線LANルータを善良なる管理者の注意をもって使用し、当社の業務に支障が生じる変更、毀損等を生ぜしめないこととし、技術基準に適合するよう維持するものとします。

(Wi-Fi スクエア専用無線LANルータの修理・交換)
第13条 Wi-Fi スクエア専用無線LANルータの修理もしくは交換は製造会社の保証内容によります。
注)梱包された保証書の保証内容を参照ください。

(禁止事項)
第14条 契約者は、Wi-Fi スクエア専用無線LANルータの利用にあたり、次の各号の行為を行ってはならないものとします。
(1) Wi-Fi スクエア専用無線LANルータの利用上の地位を第三者に質入、その他の担保に供する行為。
(2) 当社の承諾なく、Wi-Fi スクエア専用無線LANルータの設置場所を移動する行為。
(3) Wi-Fi スクエア専用無線LANルータを当社の承諾なく転貸又は売却して第三者に利用させる行為。
(4) Wi-Fi スクエア専用無線LANルータを分解、解析、改造、改変などして引渡時の現状を変更する行為。
(5) Wi-Fi スクエア専用無線LANルータに添付され若しくはWi-Fi スクエア専用無線LANルータの一部を構成するプログラム(以下「プログラム」といいます。)に関し、有償、無償を問わず、プログラムの全部又は一部の第三者へ譲渡、使用権の設定その他第三者に利用させる行為。
(6) プログラムの全部又は一部を複製、改変、その他Wi-Fi スクエア専用無線LANルータのプログラムに関する著作権その他の知的財産権を侵害する行為。
(7) 法令に違反する、または違反するおそれのある行為。
(8) その他、当社が不適切と判断する行為。

(Wi-Fi スクエア専用無線LANルータに係る損害賠償請求)
第15条 前条の場合において、当社が損害を被った場合は、当社は契約者に対して、損害の賠償を請求することができます。

(Wi-Fi スクエア専用無線LANルータの滅失・毀損等)
第16条 契約者は、Wi-Fi スクエア専用無線LANルータを滅失(盗難による場合を含む。)、毀損又は損傷したときは、直ちにその旨を当社に通知し、その原因を問わず、代替品として当社が提供するWi-Fi スクエア専用無線LANルータの費用を負担するものとします。
代替品の引渡し等は第10条の規定に準じます。
2 天災、事変その他の不可抗力により、Wi-Fi スクエア専用無線LANルータが破損した場合、当社は一切その責を負わないものとします。

(免責)
第17条 当社は、Wi-Fi スクエア専用無線LANルータの不具合等により契約者に生じる一切の損害について免責されるものとします。

(変更の届出)
第18条 契約者は第6条(Wi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約の申込方法)第1項の所定事項について変更があった場合は、速やかにその旨を当社所定の方法により当社に届け出ていただきます。
2 前項の届出があったときは、当社は、その届出のあった事実を証明する書類を提示していただくことがあります。

(権利の譲渡)
第19条 Wi2 Light スクエア・アクセスポイント運用契約に関する権利の譲渡はできません。

(地位の承継)
第20条 契約者の地位の承継については、相続人又は法人の合併により契約者の地位の承継があったときは、相続人又は合併後存続する法人若しくは合併により設立された法人は、当社所定の書面にこれを証明する書類を添付し当社に届け出ていただきます。
2 前項の場合に、地位を承継した者が2人以上あるときは、そのうち1人を当社に対する代表者と定め、これを届け出ていただきます。これを変更したときも同様とします。
3 当社は、前項の規定による代表者の届出があるまでの間、その地位を承継した者のうち一人を代表者として取り扱うことができるものとします。

(契約者が行う契約の解除)
第21条 契約者は、Wi2 Light スクエア・アクセスポイント運用契約を解除しようとするときは、あらかじめ書面等によりその旨を当社に通知していただきます。
2 Wi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約は、当社が前項の通知を受け、その旨を承諾したときに解除されるものとします。
この場合、「Wi2 Light for Wi-Fiスクエア」プランも解除されます。

(当社が行う契約の解除)
第22条 契約者が、次の各号の一にでも該当した場合、当社は直ちにWi2 Light スクエア・アクセスポイント運用契約を解除できるものとします。
(1) 運用料金の支払いを遅延したとき。
(2) 支払停止、または手形交換所の不渡処分を受けたとき。
(3) 会社整理、民事再生、破産、会社更生若しくは特別精算開始の申し立てをしたとき又は受けたとき。
(4) 仮差押、差押、仮処分、強制執行、競売の申し立てを受けたとき。
(5) 会社の休廃止、解散をしたとき又は営業の継続が困難であるとき。
2 当社は、前項の規定により、Wi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約を解除しようとするときには、その旨を契約者に通知します。Wi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約は、この通知をもって解除されるものとします。この場合、「Wi2 Light for Wi-Fiスクエア」プランも解除されます。
3 第1項の規定によりWi2 Lightスクエア・アクセスポイント運用契約が解除され、当社に損害が発生した場合、当社は契約者に対し損害の賠償を請求できるものとします。

(契約者情報の利用)
第23条 当社は、契約者の個人情報を取り扱うに当たっては個人情報に関する法令及びそのガイドラインを遵守するものとします。
2 当社は契約者の個人情報を次に定める利用目的の範囲内で取り扱うものとします。
(1) Wi2 Light スクエア・アクセスポイント運用業務及び料金請求業務
(2)Wi-Fi スクエア専用無線LANルータの発送業務
(3) Wi-Fi スクエア専用無線LANルータに関するサポート業務
3 当社は、前項のほか、サービスの提供に関連して知り得た契約者の個人情報を、次の各号の場合を除き、第三者に開示又は漏洩しないものとし、かつ、サービスの提供のために必要な範囲を超えて利用しないものとします。
(1)当社又は当社の提携先に関する広告、宣伝その他情報提供の目的で電子メール等を送付する場合(提携先等の第三者への個人情報の開示は含まないものとします。)
(2)個人情報を適切に管理するように契約等により義務づけた業務委託先に対し、サービスの提供のために必要な業務を委託する目的で個人情報を提供する場合
(3)サービスのサービス向上等の目的で個人情報を集計及び分析等を行う場合
(4)前号の集計及び分析等により得られたものを、個人を識別又は特定できない態様にて提携先等第三者に開示又は提供する場合
(5)個人情報の利用に関する同意を求める目的で契約者に電子メール等を送付する場合
(6)任意に契約者の同意を得たうえで個人情報を利用する場合
(7)裁判所の発行する令状に基づき開示する場合その他公的機関からの要請があった場合

(合意管轄)
第24条 契約者と当社との間でこの約款に関連して訴訟の必要が生じた場合は、当社の本店所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

(準拠法)
第25条 この約款の成立、効力、解釈及び履行については、日本国法に準拠するものとします。